一般家庭の買う食品のほとんどが加工食品、「飽和脂肪酸」「砂糖」「塩分」の多さ問題

加工食品には問題ありという。「飽和脂肪酸」「砂糖」「塩分」の多さが問題だ。

加工食品には問題ありという。「飽和脂肪酸」「砂糖」「塩分」の多さが問題だ。

120万種類以上を調査

米国ノースカロライナ大学チャペルヒル校の研究グループが、米国栄養学会が発行する臨床栄養学分野の専門誌アメリカン・ジャーナル・オブ・クリニカル・ニュートリションのオンライン版で2015年5月6日に報告した。「加工食品」は生の農産物以外の全ての食品を指し、加工の程度に応じて分類できる。加工の程度と栄養の質との関連性についてはさまざまな意見がある。研究グループは2000〜2012年について米国の一般家庭がどれくらい加工食品や簡易食品を購入したかを調べ、さまざまな加工、簡易のレベルごとに飽和脂肪酸、砂糖、塩分の含有量を比較した。使用したデータは、米国の市場、消費者調査会社が行っている消費者調査からのもの。消費者調査では、消費者はチョコバー1本からガソリンまで何でも買うたびに特殊なバーコードリーダーでバーコードを読み取りデータとして調査会社に送られるようにしている。商品の詳細や購入店、価格などの情報も含んでいる。研究グループは、このデータから120万種類を上回る製品を分類し、成分を調べた。

調理済み食品が7割

その結果、2012年には購入した食品をエネルギー量に換算すると4分の3以上が中度(16%)〜高度(61%)の加工食品/飲料だった。食品の簡易度の分類では、すぐに食べられるもの(68%)とすぐに調理できるもの(15%)がエネルギー量の大半を占めた。購入された食品の中で、飽和脂肪酸、砂糖、塩分が同時に推奨値を上回る食品の割合は、加工度が低い食品(5.6%)と調理/準備を要する食品(4.9%)に比べて、高度に加工された食品(60%)とすぐに食べられる食品(27%)で圧倒的に高かった。これは米国の話ではあるが、加工度の高い食品ばかり買っていないか、日本でも注意したいところ。飽和脂肪酸、砂糖、塩分は健康への悪影響もあるからだ。

文献情報

Poti JM et al. Is the degree of food processing and convenience linked with the nutritional quality of foods purchased by US households?. Am J Clin Nutr. 2015 May 6. [Epub ahead of print]

Am J Clin Nutr. 2015 Jun;101(6):1251-62. doi: 10.3945/ajcn.114.100925. Epub 2015 May 6. Research Support, N.I.H., Extramural; Research Support, Non-U.S. Gov't

関連するまとめ

こんなまとめも人気です♪

セントジョーンズワート、思わぬ副作用に警告、大部分が表面化していない可能性も指摘

セントジョーンズワート、思わぬ副作用に警告、大部分が表面化していない可能性も指摘

腸内フローラとは?デブ菌、人工甘味料、抗生物質の問題が関係

腸内フローラとは?デブ菌、人工甘味料、抗生物質の問題が関係

2週間で大腸がんになりやすい体に?!食事の変更でまたたく間に腸内フローラなどが一変

2週間で大腸がんになりやすい体に?!食事の変更でまたたく間に腸内フローラなどが一変

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」、健康な人の便を移植したら治った

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」、健康な人の便を移植したら治った

認知症の通念揺らぐ、「アミロイド蓄積説」健康な人に通用せず

認知症の通念揺らぐ、「アミロイド蓄積説」健康な人に通用せず

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

運営会社 | welqについて | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ご利用上の注意 | 会員規約

welq [ウェルク] | ココロとカラダの教科書