ブルーベリーは高血圧の予防に効果的、炎症も収める

北欧産の野生ブルーベリー(Vaccinium myrtillus、以下ビルベリーと呼ぶ)を食べると、肥満に伴う有害な高血圧をはじめとした病気を防ぐことができるようだ。フィンランドのイースタン・フィンランド大学食品健康研究センターを中心とした研究グループは、オンラインの科学誌、プロスワン(PLoS One)誌で2014年12月12日に報告した。

北欧産の野生ブルーベリー(Vaccinium myrtillus、以下ビルベリーと呼ぶ)を食べると、肥満に伴う有害な高血圧をはじめとした病気を防ぐことができるようだ。フィンランドのイースタン・フィンランド大学食品健康研究センターを中心とした研究グループは、オンラインの科学誌、プロスワン(PLoS One)誌で2014年12月12日に報告した。

肥満になると出てくる問題

肥満になると起こってくる有害な病気とはなんだろう。一つは、全身で炎症が起こりやすくなること、もう一つには高血圧になりやすくなることがある。炎症はがんや動脈硬化につながって、最終的には命に関わってくる。高血圧も心臓や脳、腎臓などに負担をかけて、最終的には突然死のリスクにもつながってくるものだ。死亡につながる大きな問題と言える。一方で、ビルベリーはアントシアニンと呼ばれるポリフェノールの一種を含んでいる。肥満関連の血糖や脂肪の処理能力の障害に対して、防止効果を持つと見られている。研究グループは、3カ月間の脂肪量の多い食事を与えられたネズミを対象として、肥満の発現、血糖や脂肪などの処理能力に対して、ビルベリーがどれくらいの効果を持つかを検討した。

炎症を抑え、血圧を下げる

結果として、ビルベリーを食べると、炎症を改善する効果が出てくると確認。さらに、肥満関連の血圧の上昇も進みにくくできると確認できた。肥満に伴う健康への悪影響を軽減できるというわけだ。ヨーグルトやパフェ、ケーキに載っていたなら、ちょっと得をした気分になりそうだ。

文献情報

Mykkanen OT et al. Wild Blueberries (Vaccinium myrtillus) Alleviate Inflammation and Hypertension Associated with Developing Obesity in Mice Fed with a High-Fat Diet. PLoS One. 2014;9:e114790.

PLoS One. 2014 Dec 12;9(12):e114790. doi: 10.1371/journal.pone.0114790. eCollection 2014. Research Support, Non-U.S. Gov't

関連するまとめ

こんなまとめも人気です♪

セントジョーンズワート、思わぬ副作用に警告、大部分が表面化していない可能性も指摘

セントジョーンズワート、思わぬ副作用に警告、大部分が表面化していない可能性も指摘

腸内フローラとは?デブ菌、人工甘味料、抗生物質の問題が関係

腸内フローラとは?デブ菌、人工甘味料、抗生物質の問題が関係

2週間で大腸がんになりやすい体に?!食事の変更でまたたく間に腸内フローラなどが一変

2週間で大腸がんになりやすい体に?!食事の変更でまたたく間に腸内フローラなどが一変

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」、健康な人の便を移植したら治った

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」、健康な人の便を移植したら治った

認知症の通念揺らぐ、「アミロイド蓄積説」健康な人に通用せず

認知症の通念揺らぐ、「アミロイド蓄積説」健康な人に通用せず

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

運営会社 | welqについて | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ご利用上の注意 | 会員規約

welq [ウェルク] | ココロとカラダの教科書