キシリトールは虫歯を予防しないかもしれない

天然の甘味料、キシリトールは虫歯を予防しないかもしれないという分析結果が出てきた。英国のマンチェスター大学歯学部を含む研究グループが、世界的なプロジェクトであるコクラン共同計画が発行するコクラン・データベース・オブ・システマティック・レビューのオンライン版で2015年3月26日に報告した。

天然の甘味料、キシリトールは虫歯を予防しないかもしれないという分析結果が出てきた。英国のマンチェスター大学歯学部を含む研究グループが、世界的なプロジェクトであるコクラン共同計画が発行するコクラン・データベース・オブ・システマティック・レビューのオンライン版で2015年3月26日に報告した。

研究の公平性も分析

キシリトールは砂糖より歯のダメージが少ない天然の甘味料として、ガム、歯磨きペースト、せき(咳)止めキャンディ、お菓子などに広く使用され、虫歯を作る細菌の成長を妨げるとも考えられている。世界的に子どもの最大90%、および大人でも大部分が虫歯の歯を持っている。研究グループはさまざまなデータベースから、キシリトールを含む製品が虫歯に及ぼす効果を評価した10件の試験結果(参加者合計6000人近く)を解析した。研究グループは、著者にも連絡をしながらデータを拡充。結果の偏りを解消するためのバイアス(公平性に欠けること、偏り)リスクも考慮しながら試験結果の有効性を分析した。例えば、キシリトールの虫歯予防効果を意図的に良く見せたり、悪く見せたりする試験は除外できるようにした。

イメージもろい?

結果として、10件の試験結果のうち結果の偏りが少ないと見なせたのは1件のみで、2件は結果の偏りについては不明、残り7件は結果の偏りが大きいと判断された。コスタリカの2件の試験(13歳以下の子ども約4200人が対象)で、キシリトール添加歯磨きペーストは、添加していない歯磨きペーストと比べると、3年間に13%虫歯が少なかったという結果があったが、証拠の質としては低く、この集団に限られた結果の可能性があった。他のキシリトール含有製品では、利益を示す証拠はほとんど、あるいは全くなかった。キシリトールには膨満感や下痢、下剤作用があるが、一部の研究では副作用について報告していなかった。虫歯に良いというイメージももろいものなのかもしれない。

文献情報

Effect of natural sweetener Xylitol in preventing tooth decay still unproven. The Cochrane Library Press Releases. 2015 Mar 26.

Riley P et al. Xylitol-containing products for preventing dental caries in children and adults. Cochrane Database Syst Rev. 2015 Mar 26;3:CD010743.

Cochrane Database Syst Rev. 2015 Mar 26;3:CD010743. doi: 10.1002/14651858.CD010743.pub2. Meta-Analysis; Research Support, Non-U.S. Gov't; Review

関連するまとめ

こんなまとめも人気です♪

セントジョーンズワート、思わぬ副作用に警告、大部分が表面化していない可能性も指摘

セントジョーンズワート、思わぬ副作用に警告、大部分が表面化していない可能性も指摘

腸内フローラとは?デブ菌、人工甘味料、抗生物質の問題が関係

腸内フローラとは?デブ菌、人工甘味料、抗生物質の問題が関係

2週間で大腸がんになりやすい体に?!食事の変更でまたたく間に腸内フローラなどが一変

2週間で大腸がんになりやすい体に?!食事の変更でまたたく間に腸内フローラなどが一変

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」、健康な人の便を移植したら治った

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」、健康な人の便を移植したら治った

認知症の通念揺らぐ、「アミロイド蓄積説」健康な人に通用せず

認知症の通念揺らぐ、「アミロイド蓄積説」健康な人に通用せず

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

運営会社 | welqについて | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ご利用上の注意 | 会員規約

welq [ウェルク] | ココロとカラダの教科書