日本人のルーツ、ゲノム分析が進み、さらなる詳細が明らかに

日本人の起源について、ゲノム分析が進み、これまで以上に複雑な混血モデルの詳細が明らかになってきた。日本の統計数理研究所を含む研究グループが、モレキュラー・バイオロジー・アンド・エボリューション誌2015年3月10日号オンライン版で報告した。

日本人の起源について、ゲノム分析が進み、これまで以上に複雑な混血モデルの詳細が明らかになってきた。日本の統計数理研究所を含む研究グループが、モレキュラー・バイオロジー・アンド・エボリューション誌2015年3月10日号オンライン版で報告した。

「gwSNP」による解析

日本人のルーツに関する仮説が数多く提唱されてきた。主なものに小さな突然変異を起こしたと見る「小進化説」、民族の入れ替わりがあったと見る「置換説」、複数の人種が混ざったと見る「混血説」の3 つがある。このうち最近では、混血モデルが広く採用されている。このモデルによると、狩猟民族である縄文人は、東南アジアに起源があり、1万年以上前に日本列島に住みつき、弥生人(2000年前〜3000年前に東アジア大陸から移住してきた農耕民族)と混じったと考えられる。一方、縄文人と弥生人の形態学的違いは、生活様式の変化に伴う微細な進化で説明できるという説もある。研究グループは、この議論を解決するため、縄文の直接の子孫と考えられているアイヌ人に関するゲノムワイドな1塩基多型解析(gwSNP)によるデータを使い、「近似ベイズ計算」と呼ばれる手法で3つの人口統計学のモデルを比較した。

より複雑な日本人のルーツ

その結果、1塩基多型を複数の人種で調べた「ハップマップ(HapMap)」計画で調べられた漢民族系中国人(CHB)が弥生人と同じ祖先をもつと仮定した場合、混血モデルの可能性が濃厚であると想定できた。置換説や小進化説と比べると数十倍高い確率で予測された。さらに研究グループによるデータから、縄文人の血統は、弥生人との混血が生じる以前から、多様な人口構造が存在したというモデルが出てきた。地域によっては、縄文人と弥生人のそれぞれが多様性を持っていたという。祖先の間の多様性は、更新世(約258万年前から約1万年前までの期間)後期にさかのぼり、完新世(1万年前〜現代)の初期の縄文人の多様性へと続く。この結果から、gwSNP解析によるデータで、日本人のルーツの複雑な混血モデルの詳細がさらに明らかになってきた。

文献情報

Nakagome S et al. Model-based verification of hypotheses on the origin of modern Japanese revisited by Bayesian inference based on genome-wide SNP data. Mol Biol Evol. 2015 Mar 10 [Epub ahead of print]

Mol Biol Evol. 2015 Jun;32(6):1533-43. doi: 10.1093/molbev/msv045. Epub 2015 Mar 10. Research Support, Non-U.S. Gov't

関連するまとめ

こんなまとめも人気です♪

肝嚢胞は珍しくない?誰にでも起こりえる疾患?5つの基礎知識と種類を解説!

肝嚢胞は珍しくない?誰にでも起こりえる疾患?5つの基礎知識と種類を解説!

日本人は顔が小さい!?普通のサイズってどのくらい?気になる基準と平均値!芸能人の実寸と小顔になる5つの方法紹介!

日本人は顔が小さい!?普通のサイズってどのくらい?気になる基準と平均値!芸能人の実寸と小顔になる5つの方法紹介!

DNA検査で体質・なりやすい病気・自分のルーツまで知ることができる!費用は?

DNA検査で体質・なりやすい病気・自分のルーツまで知ることができる!費用は?

日本人が開発した新しいがん治療法「光免疫療法」、米国で臨床試験を開始

日本人が開発した新しいがん治療法「光免疫療法」、米国で臨床試験を開始

ヨガの太陽礼拝は運動嫌いにおすすめ!ダイエットと癒し効果に注目

ヨガの太陽礼拝は運動嫌いにおすすめ!ダイエットと癒し効果に注目

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

運営会社 | WELQについて | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ご利用上の注意 | 会員規約

WELQ [ウェルク] | ココロとカラダの教科書