やせ過ぎが認知症につながる、常識覆す結果に、195万人分のデータを分析

40歳以上になった時点でやせ過ぎていると、老後の認知症リスクが高まることが分かった。英ロンドン・スクール・オブ・ハイギエーヌ・アンド・トロピカル・メディシンのナワブ・クズルバシュ氏らの研究グループが、有力医学誌の糖尿病と内分泌分野版、ランセット・ダイアベーツ・アンド・エンドクリノロジー誌において2015年4月9日に報告している。

40歳以上になった時点でやせ過ぎていると、老後の認知症リスクが高まることが分かった。英ロンドン・スクール・オブ・ハイギエーヌ・アンド・トロピカル・メディシンのナワブ・クズルバシュ氏らの研究グループが、有力医学誌の糖尿病と内分泌分野版、ランセット・ダイアベーツ・アンド・エンドクリノロジー誌において2015年4月9日に報告している。

これまでの仮説と反対の結果

認知症と肥満は重要な健康問題になっている。中年での肥満は老後の認知症につながると言われている。研究グループは、BMIと認知症のリスクの関連を検証した。英国の「臨床診療研究データリンク」の情報に基づいて、1992年から2007年の間にBMIが記録されている40歳以上の195万8191人分のデータを分析した。追跡は、対象となった人の死亡、転院、あるいは認知症と最初に診断を受けるまでのいずれかとした。既に認知症の記録がある人は除外した。「ポワソン回帰分析」と呼ばれる方法を用いて、BMIの範囲別に認知症の発生率を算出した。対象となった人の平均年齢は55歳。平均追跡期間は9.1年だった。認知症は4万5507人が発症し、1000人年当たり2.4人だった。人年という単位は、人数と追跡した年数を掛け合わせた単位。例えば、100人を10年追跡調査すると100人×10年で1000人年となる。

太っているほど認知症の発生率が下がる

BMIが20から25の範囲にある健康な体重の人と比べて、BMIが20以下のやせている人は認知症のリスクが34%高かった。さらに、BMIが増えるほど認知症の発生率は下がり、BMIが40以上の肥満の人では健康な体重の人と比べて29%も低かった。この傾向は追跡期間中の20年で変わらなかった。「なぜこのような結果になるのか、さらに研究を進める必要がある」と研究グループは指摘する。やせればよいというわけではないかもしれない。

文献情報

Qizilbash N et al. BMI and risk of dementia in two million people over two decades: a retrospective cohort study. Lancet Diabetes Endocrinol. 2015; 3: 431-6.

Lancet Diabetes Endocrinol. 2015 Jun;3(6):431-6. doi: 10.1016/S2213-8587(15)00033-9. Epub 2015 Apr 9.

関連するまとめ

こんなまとめも人気です♪

セントジョーンズワート、思わぬ副作用に警告、大部分が表面化していない可能性も指摘

セントジョーンズワート、思わぬ副作用に警告、大部分が表面化していない可能性も指摘

腸内フローラとは?デブ菌、人工甘味料、抗生物質の問題が関係

腸内フローラとは?デブ菌、人工甘味料、抗生物質の問題が関係

2週間で大腸がんになりやすい体に?!食事の変更でまたたく間に腸内フローラなどが一変

2週間で大腸がんになりやすい体に?!食事の変更でまたたく間に腸内フローラなどが一変

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」、健康な人の便を移植したら治った

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」、健康な人の便を移植したら治った

認知症の通念揺らぐ、「アミロイド蓄積説」健康な人に通用せず

認知症の通念揺らぐ、「アミロイド蓄積説」健康な人に通用せず

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

運営会社 | welqについて | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ご利用上の注意 | 会員規約

welq [ウェルク] | ココロとカラダの教科書