腸内細菌は食べるモノで変えられる、遺伝子よりも食事、米国ハーバード大学の報告

腸内細菌はいろいろ関心を集めている。最近は、肥満を引き起こす腸内細菌が食べ続けると増えていくという報告もあった(1日中食べると「デブ菌」が腸を支配する、米大学が報告)。食べるもの次第で腸内細菌が変化するようだ。

腸内細菌はいろいろ関心を集めている。最近は、肥満を引き起こす腸内細菌が食べ続けると増えていくという報告もあった(1日中食べると「デブ菌」が腸を支配する、米大学が報告)。食べるもの次第で腸内細菌が変化するようだ。

腸内細菌は人によって異なる

米国のハーバード大学のFASシステム生物学センターを中心とした研究グループが、微生物の分野の国際誌、セル・ホスト&マイクローブ誌で2014年12月18日に報告している。人によって、また動物によって腸内細菌は変化すると分かっている。これが腸内細菌を持つ側の遺伝子によるものなのか食べる内容のような外部要因によるものかは曖昧なところもある。

パターンの完全な移行まで3.5日

研究グループは、ネズミを用いて食べるものを変えながら、腸内細菌の集まりがどのように変わっていくかを調べている。実験によると、高脂肪で高糖分の内容を食べていると、遺伝子の条件にかかわらず、腸内細菌の集まりが変化すると分かった。食べものの内容次第で、腸内細菌は着実に変化していた。新しいパターンに完全に変わるまでに要する日数は、平均3.5日だった。

一部の腸内細菌は直前の影響残る

いろいろなものを食べると、大よそ一定状態になるものの、一部の細菌は確実に直前の食べているものの影響を受けていた。腸内細菌は病気との関係が指摘されるようになっている(人工甘味料は「糖尿病予備軍」の原因に、血糖値が下がりにくくなるを参照)。今回の研究によれば、高脂肪、高糖分の食事の影響がとりわけ強いよう。気にしたいところだ。

文献情報

Carmody RN et al. Diet Dominates Host Genotype in Shaping the Murine Gut Microbiota. Cell Host Microbe. 2014 Dec 18. [Epub ahead of print]

Cell Host Microbe. 2015 Jan 14;17(1):72-84. doi: 10.1016/j.chom.2014.11.010. Epub 2014 Dec 18. Research Support, N.I.H., Extramural; Research Support, Non-U.S. Gov't

関連するまとめ

こんなまとめも人気です♪

腸内細菌が「不安」「うつ病」「気分障害」の治療にも、「サイコバイオティクス」に動き

腸内細菌が「不安」「うつ病」「気分障害」の治療にも、「サイコバイオティクス」に動き

日本人が開発した新しいがん治療法「光免疫療法」、米国で臨床試験を開始

日本人が開発した新しいがん治療法「光免疫療法」、米国で臨床試験を開始

hdlコレステロールが高過ぎるのは問題!?遺伝子異常?高HDLコレステロールとは?

hdlコレステロールが高過ぎるのは問題!?遺伝子異常?高HDLコレステロールとは?

腸内細菌を増やすには?美肌やダイエットにうれしい効果が!6つの飲み物・食べ物や腸内環境を整える4つの改善法など大公開!

腸内細菌を増やすには?美肌やダイエットにうれしい効果が!6つの飲み物・食べ物や腸内環境を整える4つの改善法など大公開!

遺伝子、食物繊維、腸内細菌の3つに意外な関係、腸内フローラの新しい研究

遺伝子、食物繊維、腸内細菌の3つに意外な関係、腸内フローラの新しい研究

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

運営会社 | WELQについて | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ご利用上の注意 | 会員規約

WELQ [ウェルク] | ココロとカラダの教科書