全粒粉パンで死亡が5%減少の結果、「全粒粉」が効果、米国ハーバード大学が報告

全粒粉のパンが健康に良いとはこれまでの報告にもあった(痩せたいなら、ハイジの白パンより全粒パン!?を参照)。その影響は病気にとどまらず、死亡まで5%程度も減らすようだ。米ハーバード大学の公衆衛生学、ウー・ホンユ氏らの研究グループが、米国医師会雑誌であるジャマ(JAMA)誌で2015年1月5日に報告している。

全粒粉のパンが健康に良いとはこれまでの報告にもあった(痩せたいなら、ハイジの白パンより全粒パン!?を参照)。その影響は病気にとどまらず、死亡まで5%程度も減らすようだ。米ハーバード大学の公衆衛生学、ウー・ホンユ氏らの研究グループが、米国医師会雑誌であるジャマ(JAMA)誌で2015年1月5日に報告している。

男女合わせて12万人近くのデータ分析

全粒粉を多く取ることは、2型糖尿病や心臓病のような慢性的な病気のリスクを下げることと関係しているとされる。これまで全粒粉と死亡率を結びつけたデータはほとんどない。研究グループは、米国の看護師健康調査(1984年から2010年)で女性7万4341人、医療従事者疫学研究(1986年から2010年)で男性4万3744人を対象として、全粒粉を取ることと死亡リスクの関連を検証した。追跡期間中に死亡したのは2万6920人。年齢、喫煙、BMI、身体活動、「食事品質インデックススコア」という点数付けをして、それぞれの条件を折り込んで分析した。

がんの死亡とは関係なし

全粒粉を取る量が多いと、心臓病による死亡リスクが低いことが分かった。がんによる死亡リスクとは関連性が見られなかった。1人分の全粒粉量(1日当たり28g)を取ると、全死因による死亡が5%低く、心臓病による死亡は9%も低かった。ここでも、がんによる死亡との関連はほとんど見られなかった。ふすま(ブラン)を取ることと脳卒中による死亡は2割減少していた。胚芽を取ることと脳卒中による死亡には関連がなかった。病気の予防を促すためには、全粒粉がさらに脚光を浴びそうだ。

文献情報

Wu H et al. Association Between Dietary Whole Grain Intake and Risk of Mortality: Two Large Prospective Studies in US Men and Women. JAMA. 2015 Jan 5. [Epub ahead of print]

JAMA Intern Med. 2015 Mar;175(3):373-84. doi: 10.1001/jamainternmed.2014.6283. Research Support, N.I.H., Extramural

関連するまとめ

こんなまとめも人気です♪

セントジョーンズワート、思わぬ副作用に警告、大部分が表面化していない可能性も指摘

セントジョーンズワート、思わぬ副作用に警告、大部分が表面化していない可能性も指摘

腸内フローラとは?デブ菌、人工甘味料、抗生物質の問題が関係

腸内フローラとは?デブ菌、人工甘味料、抗生物質の問題が関係

2週間で大腸がんになりやすい体に?!食事の変更でまたたく間に腸内フローラなどが一変

2週間で大腸がんになりやすい体に?!食事の変更でまたたく間に腸内フローラなどが一変

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」、健康な人の便を移植したら治った

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」、健康な人の便を移植したら治った

認知症の通念揺らぐ、「アミロイド蓄積説」健康な人に通用せず

認知症の通念揺らぐ、「アミロイド蓄積説」健康な人に通用せず

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

カテゴリ一覧

内容について連絡する

運営会社 | welqについて | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ご利用上の注意 | 会員規約

welq [ウェルク] | ココロとカラダの教科書